コトログ京都和菓子 コトログ京都和菓子

走井餅 やわた走井餅老舗 - 京都和菓子

現在地から探す
はしりいもち やわたはしりいもちほんぽ

走井餅 やわた走井餅老舗

北海道産小豆のこしあんを、つきたての滋賀「羽二重」餅で包んだ口当たりやわらかな餅菓子。

地図で見る

感想

釜餅にも似たフォルムの餅菓子ですが、見た目にも分かるよう口当たりはより繊細。上品且つ手作りの味わいが引き出された一品です。

トリビアの池

走井餅は江戸時代中期の明和元年(1764年)に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。走井は、成務天皇の産湯に用い賜れるほどの名高い水でありました。

刀の荒身を模した独特の形は、平安時代に名を馳せた刀鍛冶・三條小鍛冶宗近が走井で名剣を鍛えたという故事にちなみ、剣難を逃れ、開運出世の縁起を担いだものと伝えられています。

安藤広重「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物走井餅は、明治43年(1910年)6代井口市郎右衛門の四男嘉四郎によって、名水で名高い石清水のふもとへ引き継がれました。やわたへ受け継がれほどなくして大津の本家は廃業。その跡は現在、月心寺となっております。井口家の生家で、走井餅発祥のその場所には、今でも滾々と走井の名水がわき続けております。なお本家廃業と同時に、当家が直系唯一の走井餅となりました。

大津では明治天皇へ、やわたへ移ってからは昭和天皇へ献上された由緒深い走井餅。 大津で150年、やわたで100年。かつての大津名物は250年ものときを経て、石清水八幡大神のご加護と、絶え間なきお客様のご支援により、石清水八幡宮のお参りに欠かせないやわた名物と言っていただくようになりました。
今後も、伝統の味と技を代々伝えていくべく、日々精進してまいります。

走井餅 やわた走井餅老舗

価格 5ヶ入 630円(税込)
賞味期限 常温で2日間
住所 京都府八幡市八幡高坊19
TEL 0120-76-0154
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)
営業時間 8:00~18:00
地方発送
交通 京阪電車八幡市駅下車 徒歩2分
URL ホームページ

交通アクセス

京阪電鉄 八幡市
徒歩3分程度
京阪電鉄 男山山上
徒歩6分程度

10

抹茶餅 京都鶴屋 鶴寿庵
抹茶餅 京都鶴屋 鶴寿庵
247
宇治の抹茶をたっぷりと練り込んだお餅で和三盆糖の白みつを包み込んだ、食べやすいひと口サイ…
やきもち 天神堂
やきもち 天神堂
4936
かまどでじっくり時間をかけて炊いた甘さ控えめの餡を、薄めのお餅で包みしっかりと香ばしく焼…
夷川五色豆 豆政
夷川五色豆 豆政
1010
明治20年頃豆政初代政吉が考案した、八ッ橋と並ぶ京名物。大正天皇への献上菓子としても重用さ…
ひやしあめ 美よし菓舗
ひやしあめ 美よし菓舗
3613
美よし菓舗閉店のため販売終了。キンキンに冷やし、シャリっと半凍りにさせた生姜風味がすっき…
どろぼう白みそ 格子家
どろぼう白みそ 格子家
65
京都で最後の山幸(しゃんこ)屋、格子家の名物どろぼうから「どろぼう白みそ」が新登場!
金の実 京都くりや
金の実 京都くりや
2319
厳選された大粒の丹波栗を皮を剥いたのち水で炊き、砂糖だけでシンプルに蜜漬けし、素材の良さ…
烏羽玉 亀屋良長
烏羽玉 亀屋良長
2118
日本最南端、波照間島産黒糖を使用したこしあん製、創業以来の代表商品。
栗甘納豆 ぼうだい本舗
栗甘納豆 ぼうだい本舗
18368
選び抜かれた上質の大粒栗を甘さ控えめで上品な味に仕上げた栗の甘納豆。
和三盆山椒ノ餅 仙太郎
和三盆山椒ノ餅 仙太郎
139
ピリリと刺激の利いた山椒と徳島県産の和三盆糖を合わせた餅菓子。
長五郎餅 長五郎餅本舗
長五郎餅 長五郎餅本舗
5232
天正15(1587)年「河内屋長五郎」というひとりの老人が、秀吉に餅を献上したところ大層気に入…