コトログ京都和菓子 コトログ京都和菓子

走井餅 やわた走井餅老舗 - 京都和菓子

現在地から探す
はしりいもち やわたはしりいもちほんぽ

走井餅 やわた走井餅老舗

北海道産小豆のこしあんを、つきたての滋賀「羽二重」餅で包んだ口当たりやわらかな餅菓子。

地図で見る

感想

釜餅にも似たフォルムの餅菓子ですが、見た目にも分かるよう口当たりはより繊細。上品且つ手作りの味わいが引き出された一品です。

トリビアの池

走井餅は江戸時代中期の明和元年(1764年)に大津で創業、湧水「走井」を用いて、初代井口市郎右衛門正勝が餡餅を作ったことに始まります。走井は、成務天皇の産湯に用い賜れるほどの名高い水でありました。

刀の荒身を模した独特の形は、平安時代に名を馳せた刀鍛冶・三條小鍛冶宗近が走井で名剣を鍛えたという故事にちなみ、剣難を逃れ、開運出世の縁起を担いだものと伝えられています。

安藤広重「東海道五十三次」の大津宿にも描かれた大津名物走井餅は、明治43年(1910年)6代井口市郎右衛門の四男嘉四郎によって、名水で名高い石清水のふもとへ引き継がれました。やわたへ受け継がれほどなくして大津の本家は廃業。その跡は現在、月心寺となっております。井口家の生家で、走井餅発祥のその場所には、今でも滾々と走井の名水がわき続けております。なお本家廃業と同時に、当家が直系唯一の走井餅となりました。

大津では明治天皇へ、やわたへ移ってからは昭和天皇へ献上された由緒深い走井餅。 大津で150年、やわたで100年。かつての大津名物は250年ものときを経て、石清水八幡大神のご加護と、絶え間なきお客様のご支援により、石清水八幡宮のお参りに欠かせないやわた名物と言っていただくようになりました。
今後も、伝統の味と技を代々伝えていくべく、日々精進してまいります。

走井餅 やわた走井餅老舗

価格 5ヶ入 630円(税込)
賞味期限 常温で2日間
住所 京都府八幡市八幡高坊19
TEL 0120-76-0154
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)
営業時間 8:00~18:00
地方発送
交通 京阪電車八幡市駅下車 徒歩2分
URL ホームページ

交通アクセス

京阪電鉄 八幡市
徒歩3分程度
京阪電鉄 男山山上
徒歩6分程度

10

白川路 田丸弥
白川路 田丸弥
4519
金胡麻・黒胡麻を白川の流れに沈む白川砂の砂粒に見立て、唐草文様で川面の波紋を表わしたお菓…
益寿糖 百万遍かぎや政秋
益寿糖 百万遍かぎや政秋
2918
ニッキの香るやわらかい求肥の中に芳ばしいくるみが入った餅菓子。
やきもち 葵家やきもち総本舗
やきもち 葵家やきもち総本舗
19168
二軒の有名なやきもち屋が混在する上賀茂神社。うち一軒がこちら神社正面の葵家やきもち総本舗…
御池煎餅 亀屋良永
御池煎餅 亀屋良永
286114
江州産の上質のもち米を粉にして軽く焼き、ほんのり甘い砂糖をまとい亀甲型の焼き目を入れたも…
名代豆餅 出町ふたば
名代豆餅 出町ふたば
1826949
創業明治32年の京都で一番人気の豆餅。土・日は毎週殆ど行列になっていて、2~30分は並ぶときも…
栗おはぎ 京都くりや
栗おはぎ 京都くりや
6126
蒸した新栗の丹波栗を渋皮ごと裏ごしし、甘さあっさりと優しく仕上げられた栗餡で包んだおはぎ。
生八ツ橋 聖護院八ツ橋総本店
生八ツ橋 聖護院八ツ橋総本店
22493
元禄二年(1689年)、近世箏曲の祖八橋検校の歿後、葬られた黒谷金戒光明寺の参道で、その遺徳…
阿闍梨餅 京菓子司 満月
阿闍梨餅 京菓子司 満月
304150
さまざまな素材を練り合わせた餅製の生地に丹波大納言小豆の粒餡を包み焼いた半生菓子。しっと…
夏柑糖 老松
夏柑糖 老松
11743
原産地、萩(山口県)での委託栽培と和歌山産夏蜜柑の果汁に砂糖と寒天を加えて作られた寒天菓…
満月 京菓子司 満月
満月 京菓子司 満月
2910
明治の御代、藤の門旧九條家御用の雅美な焼き菓子、丹波最上級白小豆の濾餡の味。