コトログ京都和菓子 コトログ京都和菓子

甘栗納糖 林万昌堂 - 京都和菓子

現在地から探す
あまぐりなっとう はやしまんしょうどう

甘栗納糖 林万昌堂

創業明治7年の老舗、甘栗の専門店として京都でも知られる林万昌堂の甘栗納糖。店主自らが中国に買付けに行くという、こだわりの河北栗子を糖蜜でじっくり煮つめた、ふっくり上品な甘納糖。ほどよい甘さが後をひきます。

地図で見る

甘栗納糖 林万昌堂

価格 1袋(50g) 300円~
賞味期限 製造日より90日
住所 京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3
TEL 075-221-0258
定休日 元旦(臨時休業有り)
営業時間 10:00~20:00
交通 阪急京都線「河原町」駅より徒歩5分(地下道9番出口)河原町駅から141m
URL ホームページ

交通アクセス

京都市バス 四条高倉
徒歩6分程度
京都バス 四条河原町
徒歩4分程度
阪急電鉄 河原町
徒歩4分程度

10

焼き栗きんとん 若菜屋
焼き栗きんとん 若菜屋
3311
熊本産の栗を贅沢に使い、上質な白餡を混ぜた栗きんとんに 香ばしい焼き目をつけた見た目にも…
祇園のぷるこちゃん 福栄堂
祇園のぷるこちゃん 福栄堂
2819
「おいしくてキレイにもなれる。そんなお菓子を。」 という舞妓さんの声から生まれた、美肌コ…
雲龍 俵屋吉富
雲龍 俵屋吉富
6647
丹波大納言小豆製粒餡と村雨餡を一本ずつ手巻きし、雲に乗る龍の姿を表現した意匠棹菓子。小豆本…
みぞれ餅 出町ふたば
みぞれ餅 出町ふたば
4927
こし餡を道明寺粉入りの葛餅で包み、笹の葉で巻いた饅頭。
若葉蔭 虎屋
若葉蔭 虎屋
72
その名の通り、水面に浮かぶ青葉の蔭を泳ぐ金魚を瑞々しく表した琥珀製菓子。夏の暑さに涼を呼…
清浄歓喜団 亀屋清永
清浄歓喜団 亀屋清永
2419
こし餡に「清め」の意味を持つ7種類のお香を練り込み米粉、小麦粉で作った生地を金袋型に包み…
笹ほたる 紫野和久傳
笹ほたる 紫野和久傳
6933
じっくりと炊き上げた国産小豆の抹茶羊羹に、笹の上にとまるほたるを模したほうじ茶のゼリーを…
栗おはぎ 京都くりや
栗おはぎ 京都くりや
7533
蒸した新栗の丹波栗を渋皮ごと裏ごしし、甘さあっさりと優しく仕上げられた栗餡で包んだおはぎ。
満月 京菓子司 満月
満月 京菓子司 満月
3717
明治の御代、藤の門旧九條家御用の雅美な焼き菓子、丹波最上級白小豆の濾餡の味。
御土居餅 光悦堂
御土居餅 光悦堂
8555
二度蒸ししてついたもち米に砂糖、塩、甘煮の赤えんどうを混ぜ、細長くしたこし餡を包んできな…

16

火除天満宮
徒歩1分程度
火除天満宮は京都市下京区のビルの合間にひっそりとたたずむ神社で、学問成就ととも…
錦天満宮
徒歩2分程度
錦天満宮は京都市の繁華街である新京極にある神社です。祭神には菅原道真(さがらわの…
和三盆山椒ノ餅 仙太郎
徒歩3分程度
ピリリと刺激の利いた山椒と徳島県産の和三盆糖を合わせた餅菓子。
ぼた餅 仙太郎
徒歩3分程度
ご存じ最中と並んで人気の仙太郎の看板商品の一つ。八分づきのもち米に刻んだ大葉を…
琥珀 柚子 永楽屋
徒歩4分程度
古の時代を閉じ込めた、気品溢れる宝石「琥珀」になぞらえて仕立てられ、ほんのり透…
おひがし お月見 永楽屋
徒歩4分程度
最高級品といわれる徳島県の阿波和三盆糖を使用し「お月見」にちなんだ、2羽のウサギ…
大栗里 永楽屋
徒歩4分程度
刻み栗入の白餡を包み、表面の焼色と香ばしいケシの実で栗の姿を模った大きな栗のお…
月見団子 永楽屋
徒歩4分程度
陰暦8月15日は中秋の名月。国産の米粉を用いたお団子に上質なこし餡をのせ、お月様に…
らんちゅう 永楽屋
徒歩4分程度
優雅に泳ぐ金魚の姿を模した寒天 白餡の上生菓子「らんちゅう」は8月1日~8月31日の…
中岡慎太郎寓居地
徒歩4分程度
中岡慎太郎は、土佐藩郷士で坂本龍馬とともに薩長同盟成立に活躍し、陸援隊を組織し…
古高俊太郎邸跡
徒歩5分程度
古高俊太郎は近江国出身の尊皇攘夷派の志士。湯浅喜右衛門と称し、京都で薪炭商を営…
錦市場
徒歩5分程度
京の台所として知られる「錦市場」は京都市の中心部にある錦小路通沿いの商店街です…
本間精一郎遭難地
徒歩6分程度
本間精一郎は、越後国出身で文武に長じ、尊王攘夷の急進派として行動したが、酒色に…
大極殿 大極殿本舗
徒歩7分程度
優しい甘さの白餡が、口の中でホロッとほどける、素朴でどこか懐かしいお饅頭。平安…
レースかん 大極殿本舗
徒歩7分程度
レモンの輪切りを浮かべた涼しげなレモン味の寒天菓子。
土佐藩邸跡
徒歩7分程度
この地には江戸初期から明治4(1871)年まで土佐藩主山内家の藩邸があった。幕末期に藩…